忍者ブログ
藤碕シキPresents・なんでも作る模型ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々の更新です。

 相変わらず忙しいです。昨日(7/27)も休出。まあ帰宅時間によっては平日でも模型いじる時間は捻出出来るんですが(睡眠時間は多少犠牲になりますが)、最近はそれすらもままならなくなりつつ…。塗装などは、もう、週末でまとめてぶわーーーっとやるしかないのですが、それも休出が発生してしまうと…。はあ、ホント、時間ありあまってるクセに時間を有効活用しない輩が羨ましくなると言うか…*Sigh*

 閑話休題。

 と言う訳で??最近趣味の時間が使えないのでフラストレーションたまりつつあるんですが、ちょっと方向を変えて、こんなことやってたりします↓↓↓。
 
fausuto_2.jpeg

 3DCGの練習です。で、何でここに来てこんなこと始めたかと言うと、去年買ったiModelaを有効活用すべく…と言うより、模型趣味にデジタルモデリングを本格導入すべく、その準備をしている、と言うわけなのです。

・ローランドディージー社のiModela紹介ページ→http://www.rolanddg.co.jp/news/2011nr1005_imodela.html
・私が使っているメタセコイア(3DCGソフト)公式サイト→http://metaseq.net/

 ブログではちょこっと触れただけですが、去年の2月ごろ、半ば衝動買い的にiModelaを購入していたのですが、試しにちょこっとプラ板の切削を試しただけで、以降はずっと眠ったままでした。まあiModela買ったところで、その本領を発揮させるには3DCGを覚えなきゃならんのですが、それを億劫がってしまい、何となく死蔵状態となっていましたが、やっぱ買ったからには使いこなさないとねえ…と考えを改めまして(って言うかそれが普通だ(爆))、平日に模型やれないなら、その時間を使ってメタセコイアの使い方を独習しよう…と言うわけ。メタセコイアはシェアウェア(機能を限定したフリーウェア版もあり)ですが、初心者でも扱いやすい(分かりやすい)ソフトです。シェアウェア版だと便利なプラグインが使えるようになるので、私としては珍しく??ライセンスを購入してシェアウェア版を導入しました。で、ここ最近はメタセコイアのチュートリアルサイトで例題をつくってみたり、その応用として、上掲の”一年戦争のジオン系MSに持たせられるようなシュツルムファウストみたいなもの(長い(笑))”のモデリングを行っていました。まだ実際の切削データを作るところまでは至ってませんが、それももうすぐ作れそう??まあデータ作ったは作ったで、切削の時間が捻出できるかが最大のネックなのですが(笑)。

* * * * * *

 実を言うと、ここに来て3DCGを始めたのは、このところ色々と話題が飛び交ってる3Dプリンタのニューズにも触発されてたりします。しかし世間の、3Dプリンタに対する印象と言うのは、現実とかなり乖離しているように思えてなりません。と言う事で、久々の更新は、3Dプリンタ含めた造形デバイスについての個人的な感慨など。

* * * * * *

 最近、まだ高額だけどパーソナルユースでの使用を視野に入れた機械が登場したことにより、最近は巷間でも3Dプリンタに関する話題が囂しいですが、まあこれは既にあちこちで指摘されていることですが、事情を良く知らない人たちは、(iModelaのような切削加工機も含め)これさえあれば何でも作れる、と思っている節があるようです。

 が、実際にはその思い(込み)と現実には余りにも深く大きい溝が横たわっています。

 3Dプリンタで物を作るにはデータが必要なんですけど、なんていうか、それがズッポリ抜け落ちてるように思えて仕方ないんですわ。正確には”3Dプリンタで出力するには、3Dのデータが必要なんだけれど、それをどうやって用意してやれば良いのかの啓発”と言うのが丸ごと欠落しているように思える、と。

 3DプリンタやiModelaと言う立体出力機械と言うのは、自分でデータを作れて初めて意義と価値が生じるものと私は思っています。しかし、模型でもクラフトでも何でも良いですが、既にモノ作りを趣味にしているような人間でも、このようなデジタルでの造形と言うのは、ハードルがかなり高いです。iModelaとメタセコイアについては、幸いにしてノウハウの蓄積が既に相当に成されている為、ハードルは多少は低くなってはいますが、自分の欲しいものをどうやって作れば良いのかと言うノウハウは自ら築き上げなければなりません。iModelaやメタセコイアで実際に蓄積されたノウハウでも、あるのはデバイスとソフトの使い方とその応用のみで、その方面のメソッドは殆どと言って良いほど存在しません。iModelaでいえば、欲しい形を作ったにしても、それをどういうパーツ構成にして作り出すかがデータ作成の最大のキモですが、切削のTipsはあっても、パーツの構成や分割のノウハウ、さらに、どこまで機械で作りこむかの線引き…と言った部分については殆どと言って良いほど存在しません。それはもう個人の思惑に委ねるしかない領域なので。3Dプリンタではそういう制約は少なくなると思いますが、それらの心配が皆無、となる事はまず無いと思います。

 まあ出力するモノだけに関しては、将来的に3Dプリンタ用のデータ販売、と言うのが出現するかもしれませんけど、しかし、これも個人的な考えですが、出来合いのデータをダウンロードして出力するだけでは、正直言って3Dプリンタは宝の持ち腐れでしかないでしょう。ガンガン活用しない人にとって、現状も恐らくはこれからも、3Dプリンタや切削機器と言うのは、「ちょっと興味あるから…」で購入するには、あまりに高すぎる買い物です。特に3Dプリンタのランニングコストは、現状はカラーレーザープリンタ以上だし、恐らく、安くなったとて、カラーレーザーより安くなることは無いだろう…と私は予測しています。自分でデータを作らないのならば、最初から形になっているのを買ったほうが遥かに安上がりです。

 まあ3Dモデリング自体はやってみれば意外に簡単なものですが(使用するソフトウェアにもよるけど、メタセコイアは簡単な部類です)、実際に形にするには先にも書いたように、 出力の仕方、パーツの分割、細部の作りこみ、機械でどこまで作るかの線引きと言うところも考えなければならず、それらのノウハウは自分で経 験を積まなければなりません。iModelaに限らず、3Dプリンタも同じでしょう。

 糅てて加えて、デジタルモデリングを導入するにしても、自分はそれで何をしたいのか、それを明確に持っていなければ、買ったとしても、只の馬鹿高い”置物”となっ てしまうでしょう。ガレージキットのディーラーさんでデジタルモデリングを導入している人も居るようですが、まあガレージキットとまで行かなくても、フルスクラッチや大きな改造をしない人にとっても、やはり”只の高い買い物”となるだけだと思います。興味本位で購入、と言う訳には行かないだろう、と。

 まあ買う買わないは個人の自由だし、自分で作ることをしない人は買うな、とは言いませんが、でも無駄な買い物は誰だってしたくないでしょうか ら、そのほうの啓発は実行して欲しいかな、と思います。まあ色々言いましたけど、これをキッカケにして…と言うのも充分に有り、だとも思っています。

* * * * * *

 …で、藤埼として、デジタルモデリングの導入を本格的に進めている(もう”考えている”と言う段階じゃない)のですが、早速、現在製作中のGMナイトシーカーに導入しようと考えています。こちらはまだ”考えている”段階(笑)。と言う事で、今後の展開を乞うご期待…



 …と、一応言っておきます(笑)。

 また、このような3Dの造形に限らず、向後、色々と”模型に対するPCの有効活用”については、色々展開していきたいと思っています。なのでこちらも乞うご期待。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のひみつ
HN:
藤碕シキ
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/06/07
職業:
ITヤクザ(プログラマーとも言う)
趣味:
模型、ゲーム、おえかき
自己紹介:
 「だって、”パーツが無いから作れません”って、モデラーの言うセリフじゃねーべ??」を信条とする、自称・異端派モデラー。

 最初は1/700艦船模型しか作らないモデラーだったのが、今や戦車(1/72メイン)とかガンダムとか東欧メーカの怪しい、ゲホゴホ、良いキット(笑)とかフィギュア(萌え系)とか飛行機とか、色々作るカオスモデラーへと立派な進化(突然変異??)を遂げ(てしまい)ました。必殺技は”エッチングパーツの自作””アルプスMDプリンタを使わない白デカールの自作”(笑)。

 趣味関連の座右の銘は「気に入ったら見境無し」「模型は作ったヤツがエライ」

 模型以外では、'80年代の黄金期のシューティングゲームをこよなく愛するゲーマーにしてTYPE-MOON信者(いわゆる月厨だ)、トレッカーかつシャーロキアンでラヴクラフティアン、最近『エリア88』を読み直して以来の新谷かおるファン…って、”それ以外”でもカオスです(爆)。

 かみつかないからなかよくしてね。
※但し、時々ツンデレの発作が出る事があります(笑)。

* * * * * *

 ◎メールを送る←クリックすると藤埼宛メールを送れます。
Twitter
最新トラックバック
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[11/24 カンプグルッペ]
[11/14 ジン]
[07/10 toshi]
[01/01 鐵太郎]
[11/29 toshi]
[08/14 AGGRESSOR]
[04/06 蒼月]
[03/08 蒼月]
[02/21 藤埼 ヒロ]
[02/21 藤埼 ヒロ]
バーコード
P R
忍者アド

Copyright © [ Indiscriminate Modeling.com ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]