忍者ブログ
藤碕シキPresents・なんでも作る模型ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 6/5のOFF会の続きで、デカールを全て貼り終えました(※画像サイズが大きいので注意)。

8f693853.jpg982773c7.jpg
722cf169.jpg2e859302.jpg
a0847206.jpg

 デカールの画像が、アミカケになって見えるのは、元々のデカールの印刷の質によるものです。

 以下、体得したデカール貼りの秘訣とかポイントとか。
  • 必ずお湯を使うこと。小さい安物でも良いから、電気ケトルを傍らに用意しておくと良い。
  • ケトルの注ぎ口に綿棒を数本差し込んでおいて、”蒸し綿棒”を常にスタンバッておく。
  • 軟化剤は、よく模型誌で説明されているようにシワシワになるまで待たなくても良し。
  • 水性アクリルの上からでも、軟化剤、定着剤は、余程の間放置しておかない限り、普通に使える(むしろお湯や蒸し綿棒の熱で塗膜がやられることがある)。
  • 但し、デカールをなじませるのは、蒸し綿棒が最強。
  • 貼ってからのトリミングも、案外難しくない。但し、カッターの刃は最新のものにしておく。
  • スジボリ部分になじませるのは、一旦貼って乾かしてからの方が良い。

 まず、デカールはお湯を使うと、フィルムがやわらかくなって貼る面に馴染みやすくなるため、失敗が少なくなります。後ほど紹介しますが、私はデカール用に¥2000程の電気ケトルを購入しちゃいました。但し、熱湯を使うのは厳禁。これだとデカールがやわらかくなりすぎて、却って失敗してしまいます。

 また、昔から「デカールを馴染ませるには蒸しタオルを使うと良い」と説明されていましたが、これと同じ要領で、ケトルの注ぎ口に綿棒を数本差し込んで、”蒸し綿棒”を用意しておくと、ピンポイントで貼ったデカールに熱を加えることが出来るようになります。これの応用で、従来の蒸しタオルとほぼ同じな”蒸しティッシュ”なんてのも出来ちゃいます。

 デカール軟化剤は、デカールのフィルムを溶かして、貼る面に馴染みやすくするものですが、お湯を使っているならば、軟化剤は塗って少し待つだけでOK.よく説明されているように、デカールがシワシワになるまで待つ必要はありません。また、軟化剤は水性アクリルの塗膜を侵す性質がありますが、塗ってから余程の時間を空けない限りは、問題なく使えます(でも、余計なところにつけたりしないように注意して、手早い作業を心がけた方がいい事は確かです)。むしろ、蒸し綿棒などを長い間押し付けておくのが危険です。これも数箇所やっちゃいました。白なので目立ちませんが(その部分はつや消し状態になってしまいました)、他の色だと覿面に目立つことになるので注意。

 トリミングとは、例えば、デカールを貼った後で、余白部分を詰める必要が生じた時に、その部分を除去するとか、余計なところにかかった図案を切り取ることを言いますが、その場合、デザインナイフの刃をそーーーっと滑らせて切り込みを入れ、余計な部分をそーーーっと除去すると、簡単に行えます。このとき、ナイフの刃は惜しまず新しいものを使うこと。変に古い刃を使うと、残しておきたい部分を引きずってグジャグジャにしてしまったり、塗面に余計なダメージを与えたりする危険があります。スジボリにかかる部分などは、一旦貼ったデカールをすっかり乾かしてしまい、ナイフでスジボリ部分に切り込みを入れて、切り込んだ部分に軟化剤を塗って馴染ませると、きれいに貼れます。

 デカール貼りのテクニックは、ちょっと言葉にしにくいのですが、概ねこんなところですね。こればかりは実践するのが一番です。

 もうちょっと続けようと思いましたが、ちょっと長くなりそうなので、一旦ここで切ります。このキットのデカール貼りの注意点やリカバリーなどは、次回の更新で記す事にしましょう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人のひみつ
HN:
藤碕シキ
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/06/07
職業:
ITヤクザ(プログラマーとも言う)
趣味:
模型、ゲーム、おえかき
自己紹介:
 「だって、”パーツが無いから作れません”って、モデラーの言うセリフじゃねーべ??」を信条とする、自称・異端派モデラー。

 最初は1/700艦船模型しか作らないモデラーだったのが、今や戦車(1/72メイン)とかガンダムとか東欧メーカの怪しい、ゲホゴホ、良いキット(笑)とかフィギュア(萌え系)とか飛行機とか、色々作るカオスモデラーへと立派な進化(突然変異??)を遂げ(てしまい)ました。必殺技は”エッチングパーツの自作””アルプスMDプリンタを使わない白デカールの自作”(笑)。

 趣味関連の座右の銘は「気に入ったら見境無し」「模型は作ったヤツがエライ」

 模型以外では、'80年代の黄金期のシューティングゲームをこよなく愛するゲーマーにしてTYPE-MOON信者(いわゆる月厨だ)、トレッカーかつシャーロキアンでラヴクラフティアン、最近『エリア88』を読み直して以来の新谷かおるファン…って、”それ以外”でもカオスです(爆)。

 かみつかないからなかよくしてね。
※但し、時々ツンデレの発作が出る事があります(笑)。

* * * * * *

 ◎メールを送る←クリックすると藤埼宛メールを送れます。
Twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/24 カンプグルッペ]
[11/14 ジン]
[07/10 toshi]
[01/01 鐵太郎]
[11/29 toshi]
[08/14 AGGRESSOR]
[04/06 蒼月]
[03/08 蒼月]
[02/21 藤埼 ヒロ]
[02/21 藤埼 ヒロ]
バーコード
P R
忍者アド

Copyright © [ Indiscriminate Modeling.com ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]