忍者ブログ
藤碕シキPresents・なんでも作る模型ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 暫く研ぎ出し工程が続きますが、ここで、デカール貼りについての注意点を挙げておこうと思います。

 …っても、痛車ってのは、余程の人気アイテムでもない限り、再販のかからないジャンルみたいなので、アイテム限定の注意点がどこまで通用するかわかったモンじゃありませんが…(笑)。

4f3c6440.JPG

 まずはルーフ部分。デカールの貼り付け説明が曖昧ですが、最初に中央のロゴ→周囲の花びらの順で貼っていったほうが、余白部分が重なるのを防げるので、後々の研ぎ出しがやりやすくなります。私の場合、何も考えないで花びらの上にロゴを貼ってしまったがために…あう。

 この花びらのデカール(57番)ですが、一まとめになった塊(こういう書き方がピッタリ来る)を適宜必要な大きさに切り出して各所に貼っていくようなスタイルになっています。これは非常に貼りにくい…と言うよりも、非常にやりにくいという表現がピッタリ来るものです。あまりみっちり隙間無く貼ってもうるさいだけだし、さりとて、花びらどうしの間隔が開いてるのもスカスカで変になるし…これの貼り方は、各々のセンスが大きく物を言うところなので、なんとも一様には言えないです。

 続いて。

b12c94b5.JPG

 ボディサイドの、キャラクターの背景になる向日葵のデカールですが、これ、長さが足りません。そのまま貼ってしまうと、写真のように、ホイールアーチの上部に隙間が開いてしまいます。こういう隙間をタッチアップするのは非常にきついので、キャラクターのかかる部分で分割してしまい、アーチ部分に隙間が開かないようにすると良いでしょう。デカールは、アーチの内側まで巻き込んでしまった方が良いかも。

 最後に。

c214af54.JPG

 最大の難所、アウトレットの開口部です。最初に言っておきますが、ここはどう足掻いても綺麗に貼れません。必ず、デカールを破いてなじませる羽目になります。私の場合、作業してたらいつの間にか破けてしまった(笑)ので、それをどうにかなじませて、足りない部分は後で塗料でタッチアップしましたが、どこか適当なところで、デザインナイフで縦にすーーーっと切り込みを入れて、後はお湯やデカール軟化剤を駆使して、きれいに貼り込んでいくしかないと思います。どっちにしても、多少のタッチアップは必須になります。

 で、さっきからタッチアップと言う言葉が出てきていますが、これは、デカールが破けたりしてしまって、下地が露出してしまった部分を、塗料を使って下地の露出を消してしまうことを言います。ようするに、周囲のデカールの近似色で欠けた部分を描き込んで、下地を見えなくする、ということ。

6697038f.JPG6cd56998.JPG

 上に上げた2葉の写真で、どういうことか大体わかるかと思いますが、写真左で緑色の枠で囲った部分が、下地の色(白)が覗いてしまった部分です。それを、塗料と筆を使って、デカールにあわせて”描き込み”して、下地を見えなくしています。使う色は、その部分のデカールになるべく近い色で、描き込みは、不自然にならない程度に適当に(笑)行います。これも言葉では言い表しにくいことなのですが、上の例でどういうことかを感じ取っていただければ…と思います。

* * * * * *

 研ぎ出し工程についても一つ。デカールの上に順次重ねていくクリアーですが、これの乾燥は、最低でも1日置いておいたほうが良いらしいです。私の場合、乾燥機なるものを所有していて、これに2時間くらい入れておけばすぐに研ぎ出しに入れてしまうので、前に書いた失敗は、恐らくはこれもあるかと思います。研ぎ出しはどうしても時間がかかってしまうものですが、やはり、時間がかかるのには相応の理由がある、と言う事ですね。反省。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人のひみつ
HN:
藤碕シキ
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1971/06/07
職業:
ITヤクザ(プログラマーとも言う)
趣味:
模型、ゲーム、おえかき
自己紹介:
 「だって、”パーツが無いから作れません”って、モデラーの言うセリフじゃねーべ??」を信条とする、自称・異端派モデラー。

 最初は1/700艦船模型しか作らないモデラーだったのが、今や戦車(1/72メイン)とかガンダムとか東欧メーカの怪しい、ゲホゴホ、良いキット(笑)とかフィギュア(萌え系)とか飛行機とか、色々作るカオスモデラーへと立派な進化(突然変異??)を遂げ(てしまい)ました。必殺技は”エッチングパーツの自作””アルプスMDプリンタを使わない白デカールの自作”(笑)。

 趣味関連の座右の銘は「気に入ったら見境無し」「模型は作ったヤツがエライ」

 模型以外では、'80年代の黄金期のシューティングゲームをこよなく愛するゲーマーにしてTYPE-MOON信者(いわゆる月厨だ)、トレッカーかつシャーロキアンでラヴクラフティアン、最近『エリア88』を読み直して以来の新谷かおるファン…って、”それ以外”でもカオスです(爆)。

 かみつかないからなかよくしてね。
※但し、時々ツンデレの発作が出る事があります(笑)。

* * * * * *

 ◎メールを送る←クリックすると藤埼宛メールを送れます。
Twitter
最新トラックバック
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
[11/24 カンプグルッペ]
[11/14 ジン]
[07/10 toshi]
[01/01 鐵太郎]
[11/29 toshi]
[08/14 AGGRESSOR]
[04/06 蒼月]
[03/08 蒼月]
[02/21 藤埼 ヒロ]
[02/21 藤埼 ヒロ]
バーコード
P R
忍者アド

Copyright © [ Indiscriminate Modeling.com ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]