忍者ブログ
藤碕シキPresents・なんでも作る模型ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 また間が空いてしまいました。現在、11月のJMCへの展示品(参照)の作成にかかりっきりと言う状況で、どーにもあちこち手が回らない状況だったりするのですが、その状況もちょっとは落ち着いてきたので、ブログのほうもちゃんと進めて行きます。スミマセン>足を運んでくださってる方々

* * * * * *

 で、前回の補足。耐水ペーパーでの水研ぎですが、真新しいペーパーは、そのままでは水をはじいてしまいます。そういう場合は、ペーパーを浸ける水に、中性洗剤をほんの少したらしておくと、水はじきが無くなります。

2010-10-03-01.jpg

 ペーパーがけのときに使ってる容器です。もちろん、プリンはおいしくいただきました(笑)。だいぶペーパーがけしたので水が汚れてます。中性洗剤を入れる量は、ホントにわずか(この水量で、だいたい2~3滴くらい)で結構です。泡立つほど入れる必要はありません。

 本題に入ります。

 前回のペーパーがけでわずかに残った段差ですが、これの処理を行います。

 特に古いキットはそうですが、組み立てキットには、少なからず、この様に、削っても完全に消えない段差があったり、また、パーツの表面に、成型時に生じるヒケが生じている場合があります。

 400_2010-10-03-02.jpg

 これがヒケの一例。専ら、大きなプラの塊(太いピンなど)の反対側に生じる場合が多いです。はっきりと凹んでいるのが見て取れるものから、光にあててあちこちから見ないと分からないものもあります。、このような凹みや段差は、凹んだ部部に何かを充填して、平らにしてしまうのが基本です(小さい凹みは、ペーパーがけで消えてしまう場合もあります)。

 その、「凹みに充填する」ものは幾つかありますが、ここでは、一般的なラッカーパテ(プラパテとも言う)による修正で直しましょう。ラッカーパテと言うのは、含まれている有機溶剤の揮発により硬化するタイプのパテ(その溶剤にラッカーを使っているのでこの名がある)の事です。普通、パテと言えばこれの事を指すくらいに基本的なマテリアルで、タミヤの”タミヤパテ”、GSIクレオスの”Mr.PUTTY”が最も入手しやすいです。

 使用上の注意点としては、硬化のメカニズムより、”肉ヤセ(例えば、平らに盛ったつもりでも、溶剤分が揮発してそのぶんだけ凹んでしまう)”が生じやすいことと、多量に盛ると硬化にそれだけ時間がかかる事の2点です。なので、ラッカーパテは、小さな段差や凹みの修正に最も適しています。

400_2010-10-03-03.jpg

 …むーーー、何か、普通の模型店ではあまり見かけないものが写ってますが、これが私が使っているラッカーパテです。アメリカの『スコードロン/シグナル』と言うメーカ(主に、戦車や艦船などの写真資料集が有名です)の”グリーンパテ”。国産のパテより肌理が粗いですが、硬化が早めで肉ヤセも生じにくく、硬化後の切削もやりやすいので使っています。

 パテ盛りには、ヘラ状のものを使います。ヘラは何でも良くて、間に合わせ的にプラ板を切り出したものを使っても良し(ただし長くは使えません)、割り箸を削ってヘラを作っても良し、市販のヘラを使っても良し。盛る量は、多からず(硬化に時間がかかる)少なからず(肉ヤセが生じる)といった、なんとも曖昧な分量ですが、とりあえず、段差なり凹みが埋まる位に盛って修正して、それでも足りないようならまた盛って削って…と繰り返し行うのが良いでしょう。

 修正を終えた状態です。ついでにヒケも修正しました。

400_2010-10-03-04.jpg400_2010-10-03-05.jpg

 こんな具合になります。じつはこの段階では「とりあえず埋まった」と言う程度でしかありません。特にヒケは、一発ではなかなか埋まりませんが、後ほど、塗装前の下地作りで埋まり具合をチェックできるので、この場はとりあえずこれでOKとします。

 次回は、船体の貼り合わせを行ってみましょう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人のひみつ
HN:
藤碕シキ
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1971/06/07
職業:
ITヤクザ(プログラマーとも言う)
趣味:
模型、ゲーム、おえかき
自己紹介:
 「だって、”パーツが無いから作れません”って、モデラーの言うセリフじゃねーべ??」を信条とする、自称・異端派モデラー。

 最初は1/700艦船模型しか作らないモデラーだったのが、今や戦車(1/72メイン)とかガンダムとか東欧メーカの怪しい、ゲホゴホ、良いキット(笑)とかフィギュア(萌え系)とか飛行機とか、色々作るカオスモデラーへと立派な進化(突然変異??)を遂げ(てしまい)ました。必殺技は”エッチングパーツの自作””アルプスMDプリンタを使わない白デカールの自作”(笑)。

 趣味関連の座右の銘は「気に入ったら見境無し」「模型は作ったヤツがエライ」

 模型以外では、'80年代の黄金期のシューティングゲームをこよなく愛するゲーマーにしてTYPE-MOON信者(いわゆる月厨だ)、トレッカーかつシャーロキアンでラヴクラフティアン、最近『エリア88』を読み直して以来の新谷かおるファン…って、”それ以外”でもカオスです(爆)。

 かみつかないからなかよくしてね。
※但し、時々ツンデレの発作が出る事があります(笑)。

* * * * * *

 ◎メールを送る←クリックすると藤埼宛メールを送れます。
Twitter
最新トラックバック
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
[11/24 カンプグルッペ]
[11/14 ジン]
[07/10 toshi]
[01/01 鐵太郎]
[11/29 toshi]
[08/14 AGGRESSOR]
[04/06 蒼月]
[03/08 蒼月]
[02/21 藤埼 ヒロ]
[02/21 藤埼 ヒロ]
バーコード
P R
忍者アド

Copyright © [ Indiscriminate Modeling.com ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]