忍者ブログ
藤碕シキPresents・なんでも作る模型ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 機体パーツを接着します。

 その前に、アンダーゲートの処理の方法をここで説明しておきます。基本的に、通常のゲートの処理とあまり変わりありませんが、私の場合は、ニッパーを、パーツの裏側(この場合だと、塗装されていない側)から、ニッパーを若干斜めにいれて切り出します。

taka_2010-08-15-19.jpg

 切り離したところです。機体パーツでないのは、たまたまですので気にしないでください(笑)。このように、パーツ裏側にくさび形に残ります。あとはこれを平らに削るだけです。削るときは、私は、まずデザインナイフで削ってしまって、若干残った凹凸を、ヤスリで丁寧に削ります。ヤスリは、あくまで力を入れないで丁寧に動かします。

 機体パーツも、同様にゲート処理を行って接着するのですが、ゲート処理以外にも、接着前にやらないといけない工作があります。モータのコードの出る穴を開ける加工を施さなければならないのですが、こんな具合に開けます↓↓↓。

taka_2010-08-15-17.jpgtaka_2010-08-15-A.PNG

 経過写真を撮り忘れてしまいました(爆)。やり方としては、金尺で計測して(組説を参考にします)そこに印をつけておいて、カッターなりデザインナイフでV型の傷を軽くつけておいてから、ヤスリで削って行きます。最初は、V型の傷をそのまま広げるような形でヤスリをかけて、ある程度削り進んだら、半円型に削って行きます。これを機体パーツの両側同じところに施します。形は正確な丸にならなくても大丈夫です(どうせ見えなくなるんだし)。大きさは、大体2mmくらいを目安にしています。

taka_2010-08-15-16.jpg

 あと、コード必要以上に目立たなくなるように、忘れずに黒く塗っておきましょう。ここではタミヤアクリルのフラットブラックを使いましたが。めんどくさければ、マジックの黒で塗ってしまっても大丈夫だと思います。ただし、こういう目立たなくする塗装は、フラットブラックを使うのが最適です。コードの被膜は塗料の食いつきが悪いので、あまりいじくり回してると塗装がはがれてしまうので、あまり触らないように注意してください。

 ブラックが乾いたら、コードを機体内部にテープで固定します。

taka_2010-08-15-18.jpg

 固定は、組説で触れられている、内部側面だけでなく、コクピット下部でも止めておくと良いでしょう。内部では、コードはあまり余裕を持たせず、特にコクピット下部にたるみなどを作らないようにします。ここでたるみなどがあると、翼の取り付けに支障をきたす恐れがあります。

 で、いよいよ機体パーツの貼り合わせです。

taka_2010-08-15-20.jpg

 まずは、通常タイプの接着剤(タミヤセメント(白蓋のやつ))を、その5で殺いだピンに少量塗りつけます。すべてのピンに塗りつけたところで、機体左右を合わせて、指で左右から力を軽く加えた状態で、流し込みタイプの接着剤(タミヤの緑蓋のやつ)を、これも量を控えめに、写真で図示したところ(基本は端っこの方から)そっと流し込みます。パーツに適度に力を加えておけば、さらさらした接着剤は毛細管現象で、隅まで流れて行きます。流し終えた後も、もう少しの間力を加えておいて、接着が確実になされるようにします。接着したら、最低でも1日ほど間を開けてから、次の組み立てに移りましょう。

 で、その間に、翼や燃料タンクを組み立ててしまいます。

taka_2010-08-15-21.jpg

 これらの組み立ては、今まで説明してきたことの繰り返しです。ただ、一つ失敗。ここで主脚も組み立ててしまったのですが、これは一応、左右の別があるのに、いきなり組み立ててしまいました。幸い、ほとんど似ているので、まあ、まんいち左右を取り違えても、そうそう分かるもんでもない…と思いますけど…まあ、組説を事前に読んでても、こういうポカミスをやるときはやってしまう、ということです(笑)。コンチキショー!!

 パーツを切り離してしまえば形になってしまうパーツも(除く主脚カバー)、ここで整形してしまいました。

taka_2010-08-15-22.jpg

 プロペラは、ゲートが回転部分に来るので、跡を丁寧に処理しておきます。尾翼は、銀色の面が下に来るので、ここで切り離しても支障はありません。接着面の塗料をはがしておいて、すんなり取り付けられるように合わせも調節しておきましょう。

 で、ここでも失敗。

taka_2010-08-15-23.jpg

 …事前の仮組みをサボってしまったが故の失敗です。まあ、あまり目立たないのが幸いと言うか。

 いろいろと失敗もありましたが、完成も見えてきました。今回はここまで。ちなみに、私の夏休みは16日までですが、企画は続きますので。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人のひみつ
HN:
藤碕シキ
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1971/06/07
職業:
ITヤクザ(プログラマーとも言う)
趣味:
模型、ゲーム、おえかき
自己紹介:
 「だって、”パーツが無いから作れません”って、モデラーの言うセリフじゃねーべ??」を信条とする、自称・異端派モデラー。

 最初は1/700艦船模型しか作らないモデラーだったのが、今や戦車(1/72メイン)とかガンダムとか東欧メーカの怪しい、ゲホゴホ、良いキット(笑)とかフィギュア(萌え系)とか飛行機とか、色々作るカオスモデラーへと立派な進化(突然変異??)を遂げ(てしまい)ました。必殺技は”エッチングパーツの自作””アルプスMDプリンタを使わない白デカールの自作”(笑)。

 趣味関連の座右の銘は「気に入ったら見境無し」「模型は作ったヤツがエライ」

 模型以外では、'80年代の黄金期のシューティングゲームをこよなく愛するゲーマーにしてTYPE-MOON信者(いわゆる月厨だ)、トレッカーかつシャーロキアンでラヴクラフティアン、最近『エリア88』を読み直して以来の新谷かおるファン…って、”それ以外”でもカオスです(爆)。

 かみつかないからなかよくしてね。
※但し、時々ツンデレの発作が出る事があります(笑)。

* * * * * *

 ◎メールを送る←クリックすると藤埼宛メールを送れます。
Twitter
最新トラックバック
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
[11/24 カンプグルッペ]
[11/14 ジン]
[07/10 toshi]
[01/01 鐵太郎]
[11/29 toshi]
[08/14 AGGRESSOR]
[04/06 蒼月]
[03/08 蒼月]
[02/21 藤埼 ヒロ]
[02/21 藤埼 ヒロ]
バーコード
P R
忍者アド

Copyright © [ Indiscriminate Modeling.com ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]